キノセイの空気な日記。

青春したいのになぜかできない17(+1)歳男ジャグラーの日記です。

だんだん薄くなれたら。

 石ころ帽子が欲しいなあと思いますがこんばんは、キノセイです。

 

 ドラえもんの秘密道具にあるんですよ。かぶると他の人から道端の石ころみたいに認識されて、全く気にされなくなる…だったかな。

 

 確かに普通、道に落ちてる石がどんな形か、色か、どういった経緯でそこにあるか、なんて考えないですよね。ただ目に入るだけで1秒も記憶に残らないでしょう。と言うか間違いなく残らねえ。

 

 自分自身もたまにそんな道端の石ころみたいに存在が薄くなりたいなあと思います。なんだか悲しいような気もしますが、少し羨ましくも思うのです。

 

 中身は十分薄っぺらなのですが、うーん…。

 

 それではノシ