料理の1人前がわからない話。

お風呂あがったばっかの時は髪の毛とぅるんとぅるんなのに乾かすとぱさっとなるの腹立つ。

 

緑湯鍋が残り少なくなったので炊飯器にあった少しカピったお米をいれて雑炊にしました。思ったよりお米が緑色に染まらなかったので面白くありませんでした。大根はアニメの病人みたいな緑色だったので面白かったです。

米を煮ている間にスーパーで買ってきた唐揚げとビールと餃子を食べ、出来上がった雑炊を全て食べたら腹が膨れました。食べ過ぎたようです。

 

いつも1人前の量がわからず多いか少ないかの微妙な感じになります。

特に野菜炒めとか玉ねぎと人参を1つずつぶちこんでなんか量が多すぎて気持ち悪くなるか翌日に持ち越すかを毎回やっている気がします。食に対する学習能力が皆無。

前にも書いたように(これ)、自分はびっくりするくらい食欲に敬意を払わないので、とてもいい加減です。

唐揚げにはレモン派ですが家にレモンのアレがないので酸味なら良いかとお酢をぶっかけますし、何か炒めたら醤油酒みりんをパーフェクト目分量でどぼどぼどぼとぶっかけますし、塩は最近使った記憶がないですし砂糖はここ3年くらいで2回しか使った記憶がないですし七味唐辛子は毎日使いますしおすし。

おすしは好きです。おいしいので。

 

まだ実力の半分も出して(書いて)ませんが、ここまで書けばもう自分が味音痴なのはおかわりいただけたと思います。

味音痴というか貧乏舌というか、食べ物であれば何でもおいしく感じてしまいます。今まででまずいと本気で思ったのは闇鍋のドギーマン(犬用ビーフジャーキー)。

ともかく、嫌いな食べ物も無いですしなんでもおいしく食べられるので便利な能力です。しかしそれ故に食事がいい加減になってしまう諸刃の剣なのです。他人に食事を作るときは、一応最大限努力をしようと思っているのですが思うだけなので結果台所要注意人物の実績を解除しがちです。残念。

 

そんなわけでカレー粉や味の素や鍋キューブなんかのパッケージに書いてある作り方や分量なんか見たことがないので、作る都度潮の満ち引きのように変幻自在の量を生成します。食材の錬金術師()の実績も解除できそうです。

 

…。

1人前とは、自分がその日その時その作った料理の分量を指すということで、解決ゥ!

 

スーパーで食材を買うのも一定確率で致命的に下手くそになる話もあったりしますが今日はここまでに。

 

おわり。

昼間に電灯をつけるのが苦手な話。

食欲を削る緑色の白湯鍋が明日には完食できそう。

 

外の光と混ざって不自然な気持ち悪さを感じます。

自分の中に「電気は夜につけるもの」という強い固定概念があるのか、それとも電灯から毒電波でも出ているのか、はたまた遥か大昔に洞窟に暮らしていた頃の記憶が疼くのでしょうか。

たとえ朝早い時や曇り雨で室内が薄暗い時も、電気をつけることはありません。

実家にいた頃は強制的に明るくされたので、しぶしぶすごすごしていました。

 

今自分がいる部屋には電気を取り付けてすらいません。取り付けているのは3部屋中台所がある1部屋だけです。

最初は引っ越した時に手持ちの電気が無く、とりあえず残りの部屋の電気は後でいいやと思ったまま今に至ります。別に不便は無いしろうそくもあるのでまだしばらくはこのままでしょう。

そうそう、ろうそくやアルコールランプの光は大好きです。明るすぎないのが良いし火遊びもすぐにできるので。昔はジャムの空き瓶とひもでアルコールランプを作ったりしていました。また作ってみるかな。

 

考えるに、暗いところが好きなのでしょう。

暗いという事は色々なものが見えにくくなるという事で、世界がぼやぼやした曖昧なモノになっていくという事です。

明るいという事は色々なものがはっきり見えて、現実が現実としてそこにあることです。

つまり暗いところというのは、よく見える明るい世界の現実から少し離れる事ができる場所なのです。現実があまり好きではない自分ですから、現実から少しでも遠ざかりたいのですね。隙あらば現実逃避を始めます。ろうそくの炎のもやっと曖昧な感じもステキだよね。

…。

そう考えると、暗いところが好きというよりは、明るいところが苦手といったところでしょうか。前世は深海魚かな。リュウグウノツカイが好きです。

 

そんなわけで昼間はただでさえ外が明るいのに、さらに光を足すなんて現実過多にも程があります。

それにより現実酔いを起こしてしまい、不自然さや居心地の悪さを感じてしまうのでしょう。

 

これは今日のステキ成分おすそ分けです。

 

おわり。

ソシャゲのために生活をこなしてしまう。

PCが停止している間に鶴が折れました。

 

自分は目覚ましがないと朝起きられない上に目覚めも不快感たっぷりです。夢から覚めたくないし死ぬまで眠っていたいです。お姫様のキスでおこされたい。

しかしマギレコを再び始めてからというもの、朝は目覚ましも鳴る前の5時頃に自然と目が覚めマギレコを起動し、仕事の昼休みにマギレコを起動し、帰宅したらすぐにマギレコを起動し、今も梨花ちゃんが進路調査の紙にスイーツ研究家って書いたら先生に笑われたと話しています。かわいい。

 

とにかく、1日がマギレコを中心とした生活になってしまいます。朝自然に起きられるのは良いのですが、これはなんとも気持ち悪いです。

前にソシャゲをやってた時も同じような感じだったのでもう答えは出ているのですが、時間が解決してくれるのを待つしかありません。ナムサン。

 

なんだか脳みそがとっ散らかって何が書きたかったのかわからなくなりましたが、そんな日もあります。明日のマギレコに備えてマギレコをしてから眠るとします。

 

おわり。

簡単白湯鍋の作り方。

健康お酢と化した発泡白ワインにぶどう香料を入れたら普通に美味しくなってウケる。

 

…。

PCが終わってるのかWi-Fiが果てているのか、画像のうpが息絶えている。2Mもない画像1枚ダウンロードするのに5分くらいかかるとか勘弁してくれ…。

…。

ダウンロードに失敗しやがるし…。今日はもうだめだァ。

白湯じゃつまらないから緑湯にしたら絵具をとかしたキレイめのどぶ川みたいになりました。

f:id:kinokonosei:20200330203514j:plain

f:id:kinokonosei:20200330204144j:plain

f:id:kinokonosei:20200330204258j:plain

大根の浸食され具合がすごいと思いました。

 

おわり。

雪の中散歩しながらビールを飲んでいた話。

会社の人の引っ越し手伝いで貰った10数年常温放置されていた発泡ワインが限りなく健康食品系のお酢

 

しかし自分はアルコールを全て等しく愛しているので問題はありません。ほろよいから無水エタノールまで全て。

お酒の話はまたいつか。

 

今日は午前中雪が降っていたので、気分ぶち上げになりおめかししてコンビニまで散歩しに行きました。

コンビニの目的はソシャゲ課金用のギフトカードを買いに行くためでした。ゲームに課金するのは生まれて2回目です。初めては艦これの母港増設のためでした。

家から5分ほど歩いたところにあるコンビニで無事にカードとビールを購入しました。気が付いたら買っていた。

これ幸いとコンビニをでてすぐにビールを飲みながら歩きはじめました。手は冷えきっていて感覚がなかったのですが、ビールの缶を持つ指先は温かかったです。

刺すような冷たい空気と空は薄暗いけれどぼんやりと明るく気の抜けた視界にちらつく雪の中で酔っていく感覚はとても気持ち良いモノでした。生きていて良かったと少し思ってしまえるくらいに。

梅が咲いているのを見つけて1人で乾杯したり、それはもうとても楽しかったです。

 

家に帰って幸せな気分で課金してガチャを回したらすでに持っているキャラがダブって一気にソウルジェムが濁りました。希望と絶望の差し引きは±0。

今さっきもPCを起動したら真っ黒な画面で●がぐるぐるし続けて強制終了再起動を4回ほど繰り返したらなぜかなおって嫌な汗をかいたので少しマイナスぎみ。

 

ひとまず嫌なことをなかったことにして朝はステキな1日でした。めでたしめでたし。

 

 

おわり。

台所に洗い物をためると心が死んでいく件について。

職場の雑草庭園が春めいてきて心が優しくなる。

 

自分は家事の中で食器洗いが1番嫌いです。

たまっていくお皿やコップ、鍋が目に入るたびに、「食器を洗うことすらできない人間なのお前は。」と言われている気がしてなりません。食器に。ふざけやがって。

 

自分はそもそも1人でする食事が好きではありません。

他人と時間を共有するためだったり、アニメを見るついでならいいのですが、生きるため体を動かすために絶対欠かせない行為としての食事が好きではありません。

どうにも変なようですが、しっくりこないというか、なんとも気に食わないのです。水と光と空気だけで済ませたい。そこらへんに生えている草花でさえできるのに人間ときたらもう。

 

そんな食事なんかのために使うしかない食器を洗うことが億劫で仕方がありません。

そのためいつも使う食器は最小限にします。

例えばフライパンで野菜炒めを作ったらはしっこに寄せてできたスペースにお米をのせたり。

例えばお米を食った後のお皿にみそ汁をいれて飲んでまたお米を入れて食ったり。

他にもありますがあまりに行儀が悪いと自分でも思うのでやめておきます。

と言うわけで今まで自分1人の食事で小皿(とりわけるお皿?)を2枚以上使ったことはありません。

 

しかしそれでも食器はたまっていきます。

今も台所に3日分のお皿が3枚と鍋とおたまとおはしとスプーンが…。

台所に食器がたまっている事が原因で物理的に人間が死ぬ事はありえませんが、心理的に殺される可能性があるのはなんともアホらしいです。

食事をする度にこんなしょうもないリスクを背負わされる事も嫌いな理由の1つです。

 

それでも食事をしないと動かなくなる不便な体ですから、しょうもないなあと思いながら今日もご飯を食べました。

 

お酒は大好きです。血液と言っても過言ではない。

 

おわり。

大人になる方法がわかった話。

お刺身のツマやパセリは全部食べます。

 

大人になる方法、と言うよりは確かめ方でしょうか。

昨日はわからなかったのですが、今日の仕事中にわかりました。

 

 

それは、〈メスガキをわからせようとして敗北したい〉と言う感情があるかどうかです。

 

一般的に、メスガキをわからせようとして敗北したいと言う感情には段階があります。

1にメスガキを認識する事。

2にメスガキに優位に立たれる、もしくは敗北し、屈辱を味わう事。

3にメスガキを打ち倒したい、勝ちたい、大人として負けるわけにはいかないのでわからせてやりたいとたぎらせる事。

4にメスガキに敗北し情けなくなる事。

 

おおよそこのような段階です。

最後の段階でメスガキに敗北しないしょうもない輩もいるようですが論外なので知りません。そんな奴はセンスが皆無。

ここで本題となるのは3の〈メスガキを打ち倒したい、勝ちたい、大人として負けるわけにはいかないのでわからせてやりたいとたぎらせる事〉です。

この、メスガキなんかに〈大人として〉負けるわけにはいかない、という点が全てです。

人はメスガキと相対し、敗北した時点で〈大人として〉負けるわけにはいかないと感じるのです。この瞬間大人の視点を手に入れるのです。

逆に言えば、メスガキに敗北してわからせてやりたいと思えない奴はまだその程度だということです。

 

まとめると、大人になるためにはメスガキに敗北してみて確かめようということです。

 

自分は敗北できればなんでもいいです。情けなくありたい。

 

おわり。