キノセイの空気な日記。

青春したいのになぜかできない17(+1)歳男ジャグラーの日記です。

水と油の恋。

 生まれ変わったら人気のない森の木になりたいなあとふと思いましたがこんばんは、キノセイです。

 

 女子高の校庭にひっそりと生えている気もいいなあと思います。木ってすごい楽しそうですよね。1日中呼吸して日が出ている時はのんびり光合成して…。動かないってのが素晴らしいですよね。うらやましいです。

 

 今日は、というかここ2日ほど朝2度寝をしていません! これは自分にとっては大きな一歩です。明日のフラグになりそうな気もしますが考えないようにします。2度寝をしないと、1日を長く過ごしている気がして何だかお得です。夜眠りやすくなっているかもしれません。まだ2日なので何とも言えませんが。

 

 時に。青い春を探すものとして恋の話をしたいと思います。何だかデジャヴな気がしますが気のせいでしょう。

 題名にも書いた通り、「水と油の恋」です。もうタイトルだけで切なさがいっぱいですね。全米が泣きます。

 皆さんもご存じのとおり、水と油は混ざりません。この2つを1つのペットボトルに入れて翌日腕が筋肉痛になるまでひたすらにシェイクしても混ざりません。お祈りの儀式をしても混ざりません。全裸で逆立ちをして町内を一周しながら振っても混ざりません。宇宙空間で振れば混ざります。

 まあこんな感じの水と油です。こんな宇宙に行かなければ混ざり合えないような2人がお互いに恋をしてしまったらそれはもう悲劇です。折角の両想いでも地球にいる限り決して混ざり合う事が出来ないのです。そこから2人で宇宙飛行士になろうと誓いを立てて頑張るのでしょう…。

 

 何か風呂敷を広げすぎて自分でもよく分からなくなりましたが、とにかく水と油は宇宙空間でなら混ざるよ、という豆知識を紹介したかっただけでした。

 …「水」のイケメンや美少女は想像できますが、「油」はどうあがいてもブスか不細工しか想像できません。油だし…。

 

 それではノシ