キノセイの空気な日記。

青春したいのになぜかできない17(+1)歳男ジャグラーの日記です。

楽しい事があった翌日は鬱になる現象について。

 楽しい事があった翌日は鬱気味になる現象を<タノシミヨクジツ・ウーツ>と言いますがこんばんは、キノセイです。

 

 これは楽しい事があった日の気持ちと日常生活の気持ちの差によって起こります。

 

 普段の生活が幸せポイントプラス2だとします。楽しい事があった日はプラス10くらいとします。

 

 10ポイントあった翌日が2ポイントだと、普段と同じはずなのにどこか不幸になった気がします。前日の幸せポイントが逃げてしまったのではないか、また当分ポイントは生えてこないのではないか、と言う思考になります。

 

 結果、楽しい事があった翌日は鬱気味になるのです。

 

 これを抑える唯一の方法としては、諦める事です。鬱から逃れようとする考えがそもそもおこがましいのです。鬱をこじらせて日本の人口減少に努めましょう。

 人口減少させるときは、社会のカスみたいな若い男も道連れにしてあげると自分が喜びます。頑張れ。

 

 それではノシ