キノセイの空気な日記。

青春したいのになぜかできない17(+1)歳男ジャグラーの日記です。

夏が危篤です。蝉の声も聞こえなくなりました。

 誠に心が痛む事実ではありますがもう半月はもたないと思いますがこんばんは、キノセイです。

 

 1つの文に接続(結論?)のための「が」が2回入ってるので少し違和感があるなあと思いました。

 

 そうなんです。

 

 つい1,2週間ほど前からでしょうか。夏の元気が無くなりつつあります。いつもはあんなに蝉の声をうるさくしたり気温を上げまくったりして皆さんから殺意を買っていた夏も、もう長くはないというのです。

 夏とはもう17年の付き合いです。あいつは毎年毎年、自分に思い出をくれてたようなそうでないような気がします。

 汗が出るような暑い日も、あせもが出来るほど寝汗がひどかった暑い日も、アスファルトの上を素足ではしゃいで火傷しそうになった暑い日も、ひたすらに熱かったです。熱いし暑いわ。

 

 高校生最後の夏が終わると思うとなんだか悲しいです。

 

 でも、後悔しないくらいには青春できたと思い…。駄目だ。好きな人を名前を呼んでねえ。

 夏が終わる前に、好きな人を名前で呼ぼうと決心しました。だから夏さんもうちょっと待って死なないで。

 

 頑張ります。

 

 それではノシ