キノセイの空気な日記。

青春したいのになぜかできない17(+1)歳男ジャグラーの日記です。

恋の話―――中学2年&現在編。

 最近予定がどこどこ入って人生充実してる気がしますがこんばんは、キノセイです。

 

 普通の高校生では絶対に味わえないと思うとなんかいいなあと思ってしまいます。その分未来は真っ白ですが。何とかしようじゃないか。

 

 さてさて。

 とうとうここまで来てしまいましたね。恋のお話。

 

 自分は小5から中3まで塾に通っていて、その人が入ってきたのは中学1年の時でした。違う中学の身長143センチで趣味が中々合う、可愛い、元気、可愛い、格好いいと3拍子だか337拍子だかそろってるそんくらいすごい人です。

 会った当初は普通に友達みたいな感じで、楽しいなあとか可愛いなあとか思っていただけで恋心はそこまではっきりとはありませんでした。

 でも、中学2年くらいからでしょうか。当然のように好きになり、授業が始まる1時間前には待機してその人が来るのを待っていましたね。塾は週に2回だったもんでその2日だけ本当に楽しみにしていました。おかげで親や周りの友人からは<塾に行くのが楽しみな変わった子、優等生>みたいな感じに思われていました。授業も普通に面白くて楽しみでしたが、まあ何よりも好きな人に会えるんですから楽しみなのは当然です。

 ところがそんな幸せな時間は続かず、その人は中2の10月頃に塾をやめてしまいました。

 めちゃくちゃ落ち込みましたね。それからというもの、塾には授業の10分前くらいに行くようになりました。我ながら極端です。仕方が無いとも言います。

 

 一応その人とはメールアドレスの交換(自分はPC、相手は携帯)をしていましたが、自分から送るのは恥ずかしくてほとんど接触はありませんでした。やり取りをしたのは3回くらいかなあ。1年ほどお互い何も連絡はありませんでした。

 

 今考えると中3の時に好きになった人はもしかしたらこの人の影を少し重ねていたのかもしれません。中々に最低な気がしますがふられた(?)ので結果オーライです。…?

 

 して中3になり時は過ぎ、卒業式が終わった頃くらいでしょうか。その時は自分も携帯電話を買ってもらいうひょひょいとアホみたいに浮かれていました。否、高専に入れることも決まって未来は薔薇色だぜと浮かれたアホでした。

 メールアドレスをPCから携帯に移そうといそいそやっていたある日、突然その人からメールが来たのです。約1年ぶりくらいに。内容はめっちゃ軽い感じで「覚えてるかな~?」的な感じだったと思います。見た瞬間噴き出して同時に「まじかよ」とにやけ顔になりました。分かりやすい男です。

 それでそこからお互い携帯電話のメルアドを交換し、1日1通かそれが途切れたりまた復活したりとぼちぼちやりとりをしていました。

 その頃は高専で寮生活だったので、周りに自慢するために「自撮り写真ください」とか気持ち悪いメールを送ったりしました。普通に撮って送ってくれてやっぱり良い人だなあと思いました。

 

 そして高専の寮から地元に帰ってきた時とかに会ったりしました。とは言ってもその時のお互いの都合とか事情とかで話せるのはせいぜい1時間か2時間です。場所はオサレな喫茶店などではなく、本屋の駐輪場でした。店にとってはさぞ迷惑だったことでしょう。中にも入らず駐輪場でただ喋って帰る客(?)でしたから。

 やはり会うたびに好きな気持ちが更新されて増幅されて幸せでしたね。ひと月かふた月くらいに1度、会えるその日を本当に楽しみにしていました。

 

 そして高専2年の夏、自分は高専を辞め地元に帰りました。

 その時にはその人も学校を辞めていて、コンビニでバイトしているからバイトするならおいでよと誘われたので迷うことなく応募しました。それが今自分がバイトしているコンビニです。

 今度はその人とバイトのシフトが重なる日を心から楽しみにするようになりました。会える頻度が高くなったのだから当然とも言います。

 

 しかしやはりそんな幸せは長くは続かないモノ、その人は大学受験をする為バイトを辞めてしまいました。んでもって彼氏がいると言う死ぬほど知りたくなかった情報も同じバイト仲間から教えてもらいました。まあ気にしない気にしないHAHAHAHA。

 でも幸いな事にその人の家はコンビニのかなり近くにあるので結構な頻度で買い物に来てくれます。不幸中の幸いです。

 

 そんなわけで今ではお互い暇な日は一緒にどっかでかけたり飯を食ったりしに行っています。彼氏がいるという事実も、聞いた話により現彼氏仮が頼みに頼んで…という形らしい事がわかったのでそこまで気にはならなくなりました。

 というか彼氏がいようといまいと自分の好きな気持ちは変えようがないからどうしようもないです。諦めて嫌いになれるんだったらストーカー殺人とかなくなるわ。

 

 …へー。ところどころ端折ったり記憶が曖昧で色付けしたりしてる所もありますが、おおよそこんな感じです。いや本当に幸せ。

 明日も午前中一緒に飯を食いに行くのです。楽しみすぎて死にそう。

 恋は幸せの宝庫です。会えるだけで本当になんかもう世界が平和になって綺麗になります。万歳。

 

 そんなわけで皆さんも恋をしましょう。出会いを探すんだ! 恋をしたことが無い人は人として生まれた意味がないよ! 人生の11割損してるよ! 片思いでも幸せなんだ…。

 

 それではノシ