キノセイの空気な日記。

青春したいのになぜかできない17(+1)歳男ジャグラーの日記です。

バッドエンドのその先。

 何がしたいのかわかりませんがこんばんは、キノセイです。

 

 一般的にバッドエンドと言うのは、○○が△△に殺された~や、愛する□□が××に寝取られた~といった形で〆られて終わる物語です。あとギャルゲーとかだと誰ともフラグを建てられずに「ああ楽しい高校生活だったなあ!」と〆られるものもあります。個人的にこれは現実世界からしたらハッピーエンドじゃねと思いますがまあバッドエンドにしときましょう。

 しかし、物語はそこで<バッドエンド>として終わりますが実際にはその先があります。物語にしろ現実にしろ、そいつが死なない限り<エンド>はありません。つまり全ての終わりはデッドエンドです。

 死に方でも多少ハッピーかバッドはありますがそんなものは誤差です。

 

 ここで「最後はみんなデッドエンドなんだから人生に意味なんてねえ!死ぬ!」と悟りを開ければとても簡単なのですが、ところがどっこいどっこいしょ。自分たちは悟りを開く事が出来ない生き物、人間なのです。ふべんねえ。

 

 さあどう生きようか。

 

 それではノシ