キノセイの空気な日記。

青春したいのになぜかできない17(+1)歳男ジャグラーの日記です。

本体は眼鏡。

 今さっき食ったみかんが皮は固く酸味多すぎな感じで何とも言えない気持ちになりましたがこんばんは、キノセイです。

 

 もうみかんの季節も終わりですね…。早かった…。

 

 さて。

 突然ですが自分は眼鏡に生活させて頂いてます。自分は目がそれなりに悪く、裸眼だと2,3m先の人の顔がぼやけて見えるレベルです。友達だったとしてもきっとわからないです。

 視力になおすとたぶん0.1くらいだと思います。多分。でもところがどっこい、眼鏡をかけると1.5か1.6ぐらいに矯正されます。半端ないです。見たくない世界まで見えてしまいそうな感じです。視力1.5以上の人が普段あんな世界を見ていると思うと、尊敬せざるをえません。あんまり見えすぎるのも好きじゃないんですよね。なんかある程度ぼやけた世界の方が自分は生活しやすいです。

 

 まあでも、とにかく眼鏡によって新しい世界が見えるのでこれはもう眼鏡が本体って事でいいんじゃないかなーって事です。

 

 割とどうでもいい気がしてきました。

 

 それではノシ