キノセイの空気な日記。

青春したいのになぜかできない17(+1)歳男ジャグラーの日記です。

日常を守り抜く。

 艦これのイベントが捗りすぎてうっはうはですがこんばんは、キノセイです。

 

 いやほんと新しい子がぽこじゃかでまくるので大変です。もちろんいい意味です。でもまたカキンの影がちらつきます。怖いです。でも可愛いので良いかなあと思います。

 

 さて。突然ですが皆さんの日常とはどんなものですか。学生の人でしたら学校、部活…。社会に出てる人でしたら会社、家族…。高専生ならばツイッターポケモン…。もちろんこれらは大雑把なくくりなので、1人1人はもっと細かいでしょう。

 自分の場合は、バイト、艦これツイッターの3部構成な日常です。バイトない日は睡眠になったりします。あとこれらの合間合間にジャグリングが入ったり読書が入ったり。おおよそ決まっています。

 ここで、日常を守ることは大切か考えてみます。3秒くらいでほぼすべての人が「大切なわけねえだろ」と思う事でしょう。自分もそう思います。

 <日常を守る>とは<変化を起こさない>事です。変化を起こさないという事は停滞です。いっつすとっぴんぐ。マイナスには動きませんがプラスにも動きません。変化を失った人間はやがて考えるのをやめて宇宙を漂い続けます。太陽を克服した吸血鬼さんも大変ですよねえ。まあとにかく、そんなふうに脳細胞を腐らせておくのはいささかもったいないと思います。

 逆に何もやる気が起きない日は日常を守ってぼんやりしてるのもアリです。自分もよくやってます。腐活(腐らせる活動の略)万歳。

 話を元に戻すと、脳細胞に頑張ってもらう為にも日常を異常にしましょう。何か前にも同じような記事を書いた気がしますが、日常というのは思ったより簡単に打ち砕く事が出来ます。例えば学校に行く前に般若心経を読んでみるとか。会社のトイレでひっそり逆立ちとかジョジョ立ちしてみるとか。実習工場でツイッターやるとか。

 とても簡単です。

 これにより脳細胞を活性化! 脳の働きがアップ! ついでに女の子にもモテる! …と良いですね。

 

 まあなんにしろ日常を守るのも楽しいですし変えるのも楽しいです。人生きっとそんなもんです。

 

 それではノシ